池田町地域おこし協力隊~kuro隊員の活動日誌~

平成28年4月。30才目前にして、北海道池田町地域おこし協力隊として移住したkuro隊員の活動をダラダラ綴ります。

ボルダリングDIY記Vol27(最終回)~池田町ボルダリングジム レッドポイントついにプレオープン!~

こんにちは。

北海道十勝地方地域おこし協力隊、方針模索中のkuro隊員です。

池田町ボルダリングジムレッドポイント

ボルダリングDIY記最終回=完成

ついにこの日を迎えました。Vol27を数えたボルダリングDIYシリーズは今回の記事をもって終了です。涙の最終回。

「DIY」シリーズの終わりが意味するのは、即ち改修が完了したという事です。改修の完了が意味するのは、即ちレッドポイントがオープンするという事です。

そう、DIYシリーズが最終回を迎え、改修が完了し、レッドポイントがオープンします。大事な事なのでまとめた上で2回言いました。

前回の記事はコチラ↓

www.kuroroman.com

レッドポイント営業情報

レッドポイント外観,池田町地域おこし協力隊blog

概要

5月20日(土)オープンです。

10:00~11:00は入門スクーリング、13:00~14:00は女性限定スクーリング。15:00~18:00は一般開放(高校生以上)。

施設利用料は大人(高校生以上)500円、小中学生無料。クライミングシューズレンタル料は大人200円、小中学生無料。

営業時間は木・金が19:00~22:00。土は13:00~18:00。なお13:00~15:00のみ小中学生利用可能。

各種スクーリング

親子スクーリング月1回開催予定(第一土曜日10:00~11:00)。対象は小学1~3年生の子どもと大人。

入門スクーリングも月1回(第一土曜日13:00~14:00)。対象は小学4年生~大人。

第一木曜日はレディースデイ(19:00~22:00)。下心はありません、純粋にエクササイズとして女性を対象としただけですからね。

DIYの思い出

さて、もう今更宣伝してもアレなので、レッドポイントDIYの歴史を振り返りたいと思います。完全に自己満足ですが、よければ最後までお付き合い下さいませ。

企画期

全ての始まりはここから。なんとDIYシリーズ1発目の記事は2016年11月30日に投稿していました。あれから早くも半年。DIYとボルダリングそのものに夢中だったせいかあるいは歳のせいか年月が過ぎるのは早い。

www.kuroroman.com

今でこそレッドポイント運営委員会の会長を務めているkuro隊員ですが、商工会M氏の発案と協力隊H親方の建築の腕あってこそです。私はメンバーみんなが担いでいる神輿に乗っているだけですが、神輿の飾りにでもなれるなら喜んで乗ろうじゃないか。

記事内にもあるように、当初から予算の心配はありました。今でもあります。まぁ色々と寄付や開店祝いをいただき、どうにかオープンに漕ぎつける事ができました。

DIY開始期

当初は我々DIYメンバーは「ボルダリング作り隊」という名称だったようです。kuro隊員もそんな事はとっくに忘れていました。

www.kuroroman.com

この頃はもう完全に廃墟ですな。よく完成を信じて作業したもんだ。

www.kuroroman.com

バールとハンマーを振り回して天井落としたり壁を剥がしたり。ちょうど冬を迎えた池田町。極寒の中で作業していたのが夢のよう。

ちょっと疲れが見え始めた頃、「電気新聞」を天井裏から発見して盛り上がりましたよ。まるでタイムカプセル。

www.kuroroman.com

そんな中ジェットヒーターの灯油が切れたり壁に穴が開いている事が発覚したり。

www.kuroroman.com

想定外の事が沢山ありました。ある意味、隣町の幕別町のスポーツクライミングジム十勝へ視察に行った際にも想定外の出来事が。

www.kuroroman.com

意外と登れねぇ、っていう想定外。そういえばこの頃は6級すら登れなかったなぁ。

2017年1発目の作業では天井裏に危うく閉じ込められそうになったり。ここでkuro隊員はインパクトドライバーを手に入れたんですね。

www.kuroroman.com

そしてレッドポイントDIYの歴史上の名場面、「梁を切り落としたらアビィロード」が生まれます。電動丸のこにも世話になったなぁ。

www.kuroroman.com

いよいよ核心部分のウォール作成に着手。この辺から「早く作って遊ぼうぜ!」的な空気が流れ始めたような気がする。仕方ないよね。ボルダリング面白いんだもの。

www.kuroroman.com

さて、やっとホールドが取り付けられて登れるようになりました。しかし20代前半の若者から見れば、30歳は「いい歳」だと言われてちょっと凹む大人たち。

あぁそういえばkuro隊員の乗っていた脚立が倒れそうになるハプニングがありましたね。

www.kuroroman.com

ウォールが1面だけ取り付け完了し課題が1つできたため、この辺から作業時間の半分は練習に費やし始めます。仕方ないよね。ボルダリング楽しいんだもの。

www.kuroroman.com

DIYと練習期

少しづつ増えていくホールドと課題。作業と練習がfifty-fiftyに。

www.kuroroman.com

やっぱりまだ6級課題に苦戦してたようです。

そして急展開の運営委員会の総会へ。ここでkuro隊員が会長に就任します。

www.kuroroman.com

コソ練全盛期。しかしマットレスは寝具用という、今思えば怪我人が出なかったのが不思議な環境です。会長に就任した責任感(?)からか、ついにマイシューズを購入。

www.kuroroman.com

やっと照明が付きました。今までは投光器のみだったのが嘘のよう。というかよく作業してたな。

www.kuroroman.com

いつまでもコソ練していてもアレなので、内装工事にも取り掛かります。梁を磨いたりゴミ整理したり外壁の心配をしたり。写真見ると思い出すけど、「外壁べローン」状態ってすげーな。

www.kuroroman.com

引き続き内装工事。マットを敷くためのすのこ作りのため、解体現場から廃材回収。そしてひたすら釘抜き。kuro隊員の足親指と人差し指間を見事に釘が貫通した瞬間のヒヤッと感は忘れられない。

そして「コソ練」という言葉がついに新聞に掲載。

www.kuroroman.com

ここまで来ると、主要なDIY作業は概ね完了。装飾やウォール以外の壁面に意識が向かいます。ゴミ箱作成に数日かけてのはいい思い出。

www.kuroroman.com

www.kuroroman.com

たかがゴミ箱で2記事も書くなんてお恥ずかしいですな。

そして楽しい漆喰塗りと超重労働のマット搬入。

www.kuroroman.com

あれ、気付けばマット搬入記事書いてないですね。

完成に向け一直線期

3月末頃からメディア露出も増えてきました。

特筆すべきは某TV局の取材。ロケ時間の割に放送時間が少なかったのは内緒。H親方の鹿の角を加工したホールド作りが全てカットされたのはもっと内緒。

www.kuroroman.com

取り上げてもらって感謝。

良い天気で春を感じる土曜日、休日返上でペンキ塗りしたり。

www.kuroroman.com

ここからメンバーのレベルアップにも力が入ります。課題作りと称してほとんど個人練習。帰宅時間はどんどん遅くなっていく。

www.kuroroman.com

マットに被せるシートが届き、死ぬほど苦労して取り付け。DIY史上最も頭を使った作業だったかも知れない。そしてプロに依頼して外壁補修。もう完成は目前。

www.kuroroman.com

4月に入りメディア露出がピークに。色々ば媒体で「登っている姿を撮りたい」の言葉に応じ続けた結果、常にkuro隊員が浮かれて登っている写真が出回る。

www.kuroroman.com

PRのために、たまたま池田町を訪れたブギウギ専務をレッドポイントに連れ込もうとしたり(結果は未遂)。

www.kuroroman.com

そして事務作業に追われ...。

www.kuroroman.com

 

そして今!

どうにかプレオープン準備が整いました。最終チェックに半日以上かかりましたが、どうにかです。

レッドポイント最終調整,池田町地域おこし協力隊blog

久しぶりに21時前に帰宅しましたが、結局この記事を書いていたらこんな時間に。

最後に

冒頭でも述べたように、DIYシリーズの記事は今回が最終回です。

遅い時間に帰宅して書くのが大変な日もありましたが、泣いても笑ってもこれが最終回。

なんだか無性に寂しいですが、明日からは「レッドポイント運営期」シリーズが始まります。黄昏れているヒマは無いって事。

 

最後の最後は完全に自己満足な振り返り記事となってしまい、申し訳無いです。しかし一から何かを作り上げる経験の少ないkuro隊員にとって、この半年感は本当に新鮮で楽しい日々でした。

 

そしてこの場を借りて、寄付・協力いただいた皆様に感謝申し上げます。

少しでも池田町の活性化に尽力できるよう、今後も足を止める事無く活動していきます。

願わくば、レッドポイントを通じて老若男女問わずに運動機会の確保に役立ったり、名のある選手を輩出できればとな、と思います。

 

重ね重ね、みなさまへ感謝申し上げます。

それでは明日から始まるレッドポイントと同運営記をお楽しみ下さい!

 

ではまた(^O^)/

RED POINT運営記はコチラ↓

www.kuroroman.com