池田町地域おこし協力隊~kuro隊員の活動日誌~

平成28年4月。30才目前にして、北海道池田町地域おこし協力隊として移住したkuro隊員の活動をダラダラ綴ります。

そういえば純粋に"友達"と呼べる人がクソ少ないと気付いた話

こんにちは。

北海道十勝地方池田町地域おこし協力隊、残り任期は55日のkuro隊員です。

f:id:kuroroman:20190205125005j:plain

寂しくはないけどさ...

たった1時間かそこらの間の話なんですけどね。

これだけ連続で知り合いに会うって、小さな町ならではの出来事だと思うんですよね。

通勤路のわずか1kmちょっとでも、車ですれ違って会釈するのもごく日常の出来事で。

そんな暮らしは今のところ窮屈ではないけど...。

 

そういえば

友達いねぇな

って話!

 

 

友達いないよ

先に言っておかねばならないのですが。

 

前提条件として、確かに自他ともに認める事実がありましてね。

 

どんなに理屈をこねても

kuro隊員は友達が少ない

という事実が存在します。

 

本人(kuro隊員)も"それガチなヤツだわ"と認めているので、それを前提として書くのでそのつもりで読んでいただければ。

 

 

強がってもいないし無理もしていない

友達が少ないという事実は事実として...。

 

だからといって

寂しい

とは思っていないのです。

これっぽちも。

ホントこれっぽちも。

 

 

でもまぁ大っぴらにこんなこと言うとね....。

 

 

...そろそろくるかな?

 

 

強がってんじゃねーよ

みたいなツッコミが笑

 

強がっていないんですよ。

ホントに。

 

むしろ、友達が少ないという事実と同じくらいに

人嫌い

という性格もボチボチ浸透しているはずなので、"アイツに友達いないのは頷ける"と納得してもらえるんじゃないかと思うのです。

そうやって頷ける人は、kuro隊員が"外面いいモード"ではなく、そこそこ本心を表して接している人です。

 

逆に"アイツは寂しいクセに寂しくないと強がっているから構ってやるか"みたいな勘違いで近寄ってくる人は苦手です。

 

申し訳ないけど、ありがたいけど、

全力で拒否します。

だって寂しくないんだもん...。

 

 

おひとりさま=大人

いつだったか、

おひとりさま

って言葉が流行ったじゃないっすか。

 

"なんか気持ちわりぃ持ち上げ方してんな"と感じたのを覚えています。

 

大人になる

=一人で行動できる

=一人"でも"生きていける

=自由じゃん!!

と信じてひねくれた自由に憧れながら思春期を過ごしたkuro隊員なので、周囲の事情や顔色を伺わずに生きていけることがすなわち大人になることだと思っていました。

 

つまり大人とは

一人で行動できて当り前

だと思っていました。

焼き肉だろうが旅行だろうが普通じゃん、と。

 

いや、過去形じゃなくて今も思っていますね。

一人でも一人じゃなくても、自分の意志で決定して叶えていけるのが大人だと。

 

なんだろうね。

大人になれば行動範囲が広がって、それに伴って人間関係も広がっていくじゃないっすか。

仕事でもプライベートでもね。

 

それはそれで、学校とか地元とかの狭い世界じゃなくて、いろんな環境で育ってきた人たちと触れる機会が増えるという意味では、自分の価値観を覆すことだってあるかも知れません。

決して、団体行動の全てを否定している訳じゃないのです。

 

でもそれに拘りすぎて、縛られすぎて

窮屈になるのは嫌

というか...。

友達と一緒じゃなきゃ〇〇できない、一人じゃ無理、〇〇が来られないから中止...とか。

窮屈

じゃないっすか。

やりたいことがあるのに自分じゃなくて他人の事情でできないって。

 

"誰かと一緒じゃなきゃ"が習慣になっている人ってだいたいメンドくさい、というのもありますかね...。

"夜中に起きたこどものトイレじゃあるまいし昼メシくらい一人で行けや"みたいな。

 

 

全て、あくまで個人的な意見ですけどね。

なにをするにも必ず誰かと一緒って、

息苦しくない?

というその時間、瞬間に対してもそうなんですけどね。

一人じゃ無理だから

って決めつけちゃってるのがもったいないというか。

 

おひとりさまって

超身軽

でいいもんですよ。

"女性のおひとりさまが急増中!"みたいな持ち上げ方がなんか気持ち悪かっただけでね。

それ自体は身軽でいいもんなんですよ。

 

 

一人≠独り

わたくしkuro隊員が尊敬する数少ない著名人として挙げられる、甲本ヒロト氏の言葉を拝借しますが。

「僕、一人は好きだよ。寂しいのはイヤだけど。一人は寂しくないもん。寂しいっていうのは、人と人との関係の中で起きることだから。一人ぼっちってよく言うけど、一人っていうのはちっとも寂しいことじゃないんだ」

 

ホントこれよ。

 

寂しいと感じるのはそりゃ嫌ですよ。

どんなに自由を愛するkuro隊員でもね。

 

でも、その寂しさセンサー

どこを向いているのか

って話じゃないっすか。

 

寂しいと感じる基準は人それぞれで、

  • 友達と一緒じゃなきゃヤダ
  • 自分を認めてくれる人に囲まれていなきゃヤダ
  • とにかく一人は無理!
  • 一人で家で過ごすなんて寂しい!

とかなんとか、まぁいろいろあるでしょう。

総じて、自分以外の外部環境にフォーカスしがち。

 

 

対して。

一人でも寂しくない人は

  • 自分で選んで一人の時間を取っているから
  • 今やりたいことは一人でできるから
  • マイペースにやりたいから
  • 人と会うのストレスだから(!)

みたいに

自分が望む選択

をして、その結果

一人でいる

傾向にあるような気がします。

 

休日は家で一人用のゲームをしたいと思っているのに、わざわざ友達呼ばんでしょって話です。

一人が寂しい人からの誘いは、時々ホントに"えっこんなことのために呼んだの?一人でやれや"って笑えないことがあったり...しませんかね?

 

一人が寂しくないってひとは総じてマイペースではないかと思います。

自分の時間の使い道を、周囲に委ねず流されず意思決定できる人間なので"自分は今日これやるから"って大人数の飲み会の誘いもスッと断れ...ますよね?

 

 

逆に一人が寂しいと思う人。

別に飲みたい気分じゃないけど"家で一人でいるのにみんなが飲み会しているのが寂しい"と心のどこかに引っ掛かるものがあるので、なんとなく誘いを受けてしまったり...しませんかね?

こっちサイドの意見は想像なので、違っていたらゴメンナサイ。

 

別にどっちが正しい、とかないですよ。

 

ただ言えることは

一人=独り

ではないってことです。

読み方はおなじ"ひとり"ですが、

一人=孤独

ではない。 

 

一人で過ごす時間を自ら選択しているなら、それは物理的に一人なだけであって孤独じゃないですね。

自分の意志決定があって身を置く環境なのでね。

 

友達がいない、煙たがられて誰も近寄ってこない、という自分の意志外の理由で一人でいるなら、もしかしたら孤独なのかも知れません。

 

例外として一応言及すると。

まさか自分で"一人がいい!"って見栄はりながら、"やっぱり一人は孤独だよぅ"と陰でメソメソしちゃう...そんな人もいますかね?

 

どんなケースにしても"一人は寂しい、孤独"とばかり考えてしまう人はね。

もう黙って

ブルーハーツでも聴いとけ!

THE BLUE HEARTS 30th ANNIVERSARY ALL TIME MEMORIALS ~SUPER SELECTED SONGS~【完全初回限定生産盤】(3CD+DVD)

THE BLUE HEARTS 30th ANNIVERSARY ALL TIME MEMORIALS ~SUPER SELECTED SONGS~【完全初回限定生産盤】(3CD+DVD)

 

 

と、まとめるのはあまりに乱暴なので...。

 

もう一度言いますが

一人=独り

じゃないです。

≒(ニアイコール)でもないです。

一人≠独り

です。

ノットイコール(だっけ?)で結ばれる関係なのです。

 

なんとなく、お分かりいただけましたか?

ブルーハーツ聴いて元気でましたか?

 

それでもまだ"やっぱり一人はなんとなく寂しい..."と感じている人は、

趣味に仕事に忙しく

生きてみたらいいんじゃないでしょうか。

寂しいなんて考えるヒマもないほど、何か他のことで時間を埋めちゃえばいいじゃないっすか。

できれば身になることでね。

 

という訳で。

寂しがりやのみなさま、

各自忙しく生きましょう。

 

 

...そういえば。

この話なんか本題と違うね。

 

そんな求められてもいないアドバイスをしたい訳ではなくて...。

 

友達が少ない

本題コレでしたね。

もう散々言いたいことは言ったので、特に追加で書くようなこともないのですが...。

 

そうですね。

強いていうなら

自由が一番

です。

なにをテーマに書かせても結局はそれ笑

 

一人でいることを選択できる自由も、誰かと過ごすことを選択できる自由も、どちらもあるのがベストです。

二兎を追っているような気もしますが、そりゃどっちもあった方が100%間違いなくいいじゃないっすか。

"仕事と家庭どっちが大事なの!"じゃないけど、そりゃどっちも大事だよ的なアレです。ちょっと違うか。

 

やりたいことが刻一刻と変化していくからマイペースでやりたい、というのがkuro隊員の本音の一端なので...。

その時々でベクトルに合う人と一緒に行動したり、誰とも合わない時は一人でやってみたり、どっちでも全く問題ないじゃないっすか。

 

だから。

いろんなジャンルで複数のコミュニティ

と関わっていたいな、というところでしょうか。

一つのグループに依存するでもなく、かといって外との交流に消極的な訳でもなく、というか。

 

ボルダリングやりたい時はボルダリング仲間が、

酒飲みたい時は酒飲み仲間が、

なにかに挑戦したい時にはベクトルの合う仲間が、

それぞれいればいいんじゃないかな、と。

 

基本、なにか共通の目的があるとか、仕事つながりの人間関係しかありません。

そういう意味で日頃から関わっている人は決して少なくはないと思っています。

 

非常に充実した毎日を忙しく過ごしていて、いろんな人に働かせてもらったり食べ物飲み物いただいたり、人間関係にもぜんっぜん不満ありません。

 

でもまぁ

友達は少ない

ですね。やっぱり。

 

仕事抜きで知り合って、仕事抜きで会う人って...

あんまいない

ね。

いやまぁそれこそ

大人ってそんなもん

じゃないかとも思いますが...。

 

とりあえず寂しくはありません笑

 

というお話でした。

 

最後に

似たようなテーマかも知れませんが、やることなくて退屈、みたいなことにも通じるものがあるような気がします。

自分で選んで非生産的な時間潰しをするのか、(周囲に)何も楽しいことがないからダラダラするか、の違いというか。

 

スマホを手にすれば娯楽なんていくらでも手に入る時代なので、時間を余すって瞬間がどんどん減ってきていますよね。

 

だいたいがこんなblogだって

誰かの時間の穴埋め

くらいの役割しかないですからね笑

 

一人で黙々とblog書いたりYouTuberとして活動して、それでメシ食えちゃったりする人もいるんだから、改めて一人≠独りが成り立つ時代だと感じております。

 

ではまた(^_^)/~