池田町地域おこし協力隊~kuro隊員の活動日誌~

平成28年4月。30才目前にして、北海道池田町地域おこし協力隊として移住したkuro隊員の活動をダラダラ綴ります。

RED POINT運営記Vol30~平均寄りの難易度になった課題と地域おこしへの想い~

こんにちは。

北海道十勝地方池田町地域おこし協力隊、ハーフマラソンサブ100を目指すkuro隊員です。

リニューアルがほぼ完了した100°ウォール(ボルダリングジムRED POINT)

連日連夜の作業

改装作業3日目を終え、どうにかリニューアルの形は整った...ように思います。

連日連夜の作業でぶっちゃけ言うと疲れてますが、新しくなったウォールと課題を見ていると体力回復したら全部落としてやるぜ!と意気込む自分がいるので、どうやら概ね楽しんでいるみたいです。

 

片付けと掃除なんかの作業は残っているけど、とりあえず一段落した話!

前回の運営記はコチラ↓

www.kuroroman.com

 

徐々に辛口へ

オープン当初から初心者や女性にやさしいジムを目指し、課題の難易度にもその運営方針が顕著に現れていた、有言実行なボルダリングジムRED POINT。

が、1年前のプレオープン時から通っていただいているお客様曰く、リニューアルの度に(同じ級でも前より)難しくなってない?とのお声を頂戴している今日この頃。

まぁぶっちゃけた話、

その通りです。

 

確かに難しくなっている...と言うか、正確にはムーブやホールドのバリエーションが増えているだけです!

さらに正確に言えば、確かに多少は難しくなりつつあります。が、今までは甘口だったのが平均値に近づきつつあるってのが正しいのではないかと思います。きっとね。

 

ボルダリングにはグレードについての明確な基準が無い以上、ジムによって同じ級でも難易度にかなりの...もとい多少の誤差があるのは当たり前ですが、RED POINTはちょいと甘めでした。特に5級あたり。


REDPOINT 5級課題(100°△マーク)

↑は今回のリニューアルで消えた5級課題だけど、よそのジムなら6級と言われても不思議じゃないような課題です。

 

ボルダリング普及と地域おこし

RED POINTを作り始めた当初からの目的の一つに、ボルダリングというスポーツを通じて人々の交流促進があります。地域おこしの一環です。

宴会や会議以外で夜に出歩く機会の少ない池田町、その習慣を壊す存在になるぜ!的なね。パイオニアっぽい使命感に溢れてます。

 

ただ新しくて珍しい施設ができたってだけでは長続きしないので、きちんとボルダリング自体が持つ魅力を普及しなきゃならんのです。

お客さん目線から見れば、そのためにはまず登れた!楽しい!って成功体験が必要。となると平均に寄せて初心者にとって難しい課題ばかりでは誰も根付かない。

かと言って簡単にし過ぎても、達成感を味わったり挑戦心が刺激されなきゃ競技としてつまらないじゃないっすか。

 

そんなジレンマを抱えた結果、RED POINTの4~6級までの課題は甘口になりました。

どんな事でも経験ゼロで何の予備知識も無い所から始めたら、中級者の入り口くらいに差し掛かる頃が一番楽しいじゃないですかサクサクと成長を感じられるノリノリな時期ね。

ボルダリングで言うと中級者の入り口は5級くらいでしょうかね。

 

せっかくボルダリングやってみよう!と思ったのに、1回2回ジムに行ってみて全然登れなくて楽しくなかったら通おうと思わないですよね?

元々スポーツ経験があって運動神経に自信がある人ならもうちょっと練習すれば登れるようになるなって想像もつくだろうけど、お試し感覚で体験しにきましたって人が定着する率はホントに低い。

それがクライミング界では"普通"だからこそ、今まではマイナーなスポーツだったんだろうけど、前述したようにRED POINTは地域おこし的な存在意義を持っています。マイナーなままでは人が集まらんのです。

 

じゃあそのジレンマをどう解消するかと言えば、課題の難易度もスタッフの対応も馴染みやすいものにすることじゃないでしょうか。

語弊があるかも知れないけど、ボルダリングジムが交流の場となり地域おこしという目的に近付くためには、これまでのクライミング界の常識からちょっと外れたとしてもいいのかなって感じ。

 

しかしこの1年間ジム運営してきて、スタッフも常連さんもそれなりにレベルアップしたような気がするので、脱・甘口→平均寄せ、です。

まぁ元々あった課題の全部が全部、甘口だった訳ではないですけどね!


REDPOINT 5級課題(90°□マーク)

↑も今回のリニューアルで消えた課題。

ちゃんと難しい...というか級相応な難易度の課題もありましたよ。

 

今回の課題テーマはテクニカル!

ごちゃごちゃと辛口甘口について書きましたが、今回のリニューアルを一言でまとめると、ちょっと難しい(と感じる)課題設定になった、でいいです。

kuro隊員自身はあまり面白い課題は作れませんが、勝手にテーマはテクニカルだ!と吹聴しております。(メインで課題を作ってくれたのは、スポーツクライミングジム十勝に長年通っている強者クライマーさんたちです)

そもそも買ったホールドの悪さからしてね、テクニカルにならざるを得ない...。

f:id:kuroroman:20180507101558j:plain

今までに無かったようなムーブ...というか体勢?を取らなければならないような課題もチラホラ...。あぁ早く落としたい。

 

取り付けたホールドは全て洗浄済&新品でしたが、課題作りと試登により、既にチョークまみれになってます。

f:id:kuroroman:20180516101206j:plain

↑(ちょっと前まで)新品。

f:id:kuroroman:20180516101233j:plain

↑これも(ちょっと前まで)新品。

 

面白そうな課題ができると、つい試しにトライしたくなるのがクライマーの性。そしてどんどんアツくなり、こうした方が面白いんじゃね!ってアイデアが飛び出し、時にはさらに難しい課題へと進化(悪化とも言う)することも...。

課題作りって楽しいなぁ!

最後に

リニューアルがほぼ完了した90°ウォール(ボルダリングジムRED POINT)

以上、とりあえずウォール改装は"ほぼ"完了です。

もうちょっとホールド付け足したり課題設定は追い追いしていきますが、2~6級がそこそこセットされています。

5月18日(木)にお披露目です!どうぞ登りに来て下さいませー。

 

ではまた(^_^)/~

 

ブログランキングに参加しています。

リニューアル作業完了に労いを込めて、下記バナーのクリックをお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ