池田町地域おこし協力隊~kuro隊員の活動日誌~

平成28年4月。30才目前にして、北海道池田町地域おこし協力隊として移住したkuro隊員の活動をダラダラ綴ります。

何かしてなきゃ落ち着かない病~協力隊3年目だから〇〇しなきゃ~

こんにちは。

北海道十勝地方池田町地域おこし協力隊、任期最後の1年に突入したkuro隊員です。

f:id:kuroroman:20180424155925j:plain

〇〇しなきゃの呪い

人事異動で周囲が慌ただしかった新年度の2週間が過ぎました。

kuro隊員はというと、相も変わらずボルダリングしたりblog書いたり走ったり、時には焼き鳥屋さんのお手伝いしたりと、自分でもどこを目指しているのかもわかりませんが楽しくやっております。

生活はさほど変わっていないはずなのに、なんとなく心境の変化があったような気がするのでその辺を雑にまとめます。

行動の制限に繋がる心理

べき、の時

〇〇しなきゃ、って普通に日常生活の中で思いますよね?

もっと仕事しなきゃ、家事しなきゃ、節約しなきゃ、ダイエットしなきゃetc。

 

別に特別な言葉ではないんですけどね。

〇〇しなきゃを口にする時の背景って、まず一つは本来義務でもなんでもないのに使命感を伴うような時にじゃないかと思うんですよ。もっとこうすべき、って時。

  • もっと稼いで家族に楽をさせるべきだから、今以上に仕事しなきゃいけない。
  • 生活の乱れは仕事にも悪影響だから、もっと家事をしっかりしなきゃいけない。
  • 老後が心配だから、もっと節約しなきゃいけない。
  • 太っていると病気が心配だから、ダイエットしなきゃいけない。

自他ともに認める変わり者のkuro隊員でも、どれも一般論としては「うん、そうだね」と同意します。義務ではなくて努力目標くらいとしての感覚では同意。

そりゃ稼げないよりは稼げる方がいいし、部屋だって散らかり放題よりは清潔に保っていたいし、浪費しまくってカツカツよりは余裕ある生活がしたいし、太っているよりは引き締まったボディでいたいでしょ。

当たり前ですよね。

 

当たり前なんだけど、ちょっと先の未来に影響する〇〇しなきゃなのでリアルに想像できず、行動が伴わないこともしばしば。ええ、kuro隊員もよくありますよ。

ヤバい、の時

もう一つ、〇〇しなきゃを口にする時の背景としては今は他の理由でできないor結構ガンバらないとできない!って時ですかね。こうしなきゃヤバい、の時。

  • この仕事に着手しなきゃいけないんだけど、他の業務でいっぱいいっぱい。
  • もう家を出なきゃ遅刻するのに、まだ準備ができていない。
  • お金を稼がなきゃ借金の返済ができないのに、身体が限界で今以上働けない。
  • 肺が真っ黒で呼吸が苦しいのに、禁煙できない。

とかね。

前述したべきの時はちょっと先の未来への目標になり得るのに対して、ヤバいの時は今まさに目の前に起きている問題に対して〇〇しなきゃと言ってますね。

どっちが緊迫した状況かは言うまでもありませんが、べきばかり言ってて行動が伴わなければ、ただの意識高い系ワナビー君、ヤバいばかり言ってて現状が改善されていなければ、先が見通せずにオロオロしている迷子君ですね。もしくは絶賛社畜中か。

 

そんな訳で、協力隊3年目の春を迎えたkuro隊員は先を見通せずにオロオロしております。

〇〇しなきゃと強迫観念

定住しなきゃ

強迫観念って言葉を出しましたが、イメージ的に近い言葉だっただけで当記事はあくまで日常生活レベルの話ですからね!

自宅の鍵をかけたか不安で何度も確かめてしまうとか、手にウイルスが付着している事を恐れて何度も手を洗うとか、そういった行動は強迫観念ではなく強迫行為と呼ばれるそうです。

で、強迫観念と強迫行為が共にみられる場合には強迫性障害という疾患だと位置づけているようです。

これ、kuro隊員の話じゃないですからね。大きな声じゃ言えないけど、なんなら私は家に鍵かけることが稀なタイプなので、強迫行為とは真逆のズボラな楽天家ですから。

 

ただ最近、ヤバいの方の〇〇しなきゃ、を考えることがやたら増えたなぁと思うんですよ。結論から言えばそんなこと考えても時間の無駄なんだけど。

実際の話、地域おこし協力隊の任期が残り1年を切り、決して今まで通りヘラヘラしてるだけじゃダメな立場ではあるんですけどね。

協力隊になって早くから、定住できなきゃ協力隊としては失敗だ!と偉そうに掲げています。ごく個人的な考えなので、議論するつもりもないし賛成反対意見も特に聞くつもりもありませんが、まぁそんなに見当違いなこと言っているつもりもない。

www.kuroroman.com

協力隊としては町民ファーストならぬ定住ファースト。活性化とか情報発信とか、単なる副産物ですよ。定住するための手段を模索したり実現する過程で生まれる副産物。

新たなスキームでまちを活性化できたけど自分が生活できるほどの収入にならなかったよー、とか悲しいじゃん。使い捨て隊員じゃん。おい話逸れてきたぞ。

 

つまりkuro隊員にとって協力隊のゴールは定住って話ですが、要は定住しなきゃ、と考え始めてしまったんだと思います。残り1年を切ってついにしなきゃ、が生まれたんですな。

別に協力隊としての成功例になりたい訳じゃないので、仮に定住に至らなかった時はまた1年くらいリゾバ生活しよーっと!自由バンザイ!的に考えてました。

www.kuroroman.com

まぁ今でもその考えは変わってないですけどね、あくまで第一希望は池田町に定住するってところはお間違えの無いように。 ダメだったら、のお話ね。

 

何かしてなきゃ落ち着かない病

セルフ縛り

そんな訳で定住しなきゃと思いつつも、目の前に都合よくベストな解決策があるなんてことはまぁないですよね。ゲストハウス&居住用の手頃な物件が手に入った!とかね。

ゲストハウスが進まないのなら他の事やってりゃいいんですけど、元々副業ならぬ複業でどうにか食っていこうと考えていたので、今やれる事は結構あるんですよ。

blog書くのもそうだしボルダリングもそう。どっちも収益は大した額じゃないからこそ、時間あるうちに何とかすべき。

時々イベントで十勝ワイン売るのもそう。あ、今年も1件、町外での出店が決まりそうです。

当初の計画通りに事が進まないなんて当たり前なので、今の状況に応じてゲストハウスの穴を埋めるように他のナリワイを計画しなおして進めていけばいいのに、それができていないってことはどうも焦っちゃってるんでしょうね。

アレやらなきゃコレやらなきゃで日々は慌ただしいのに結局サッパリ進まない...というか進んでも圧倒的にペースが遅い...。何が忙しいのかよくわからないけど、1週間があっと言うまに過ぎていく。えっもう週末?(喜んでいる訳ではない)そんな感じ。

もう見事なまでに自分の勝手な強迫的観念で行動を制限しているダメな例。セルフ行動縛り師、kuro隊員。

それでもこのままじゃマズいから何かせねば!という心境に陥る症状を、kuro隊員は何かしてなきゃ落ち着かない病と名付けました。読んで字の如く。

 

治療法

定住ダメならリゾバ生活復活!とか言ってるくらいなので、全然深刻な悩みじゃないです。池田町に定住したい気持ちに嘘は無いけどダメならダメでサヨナラーとも思ってます。

でも残り1年近い任期を〇〇しなきゃ無駄に慌ただしく過ごすなんてイヤじゃないですか。任期というか人生の時間の一部なんでね。

何かしてなきゃ落ち着かない病に限った話じゃないですが、悩みや不安に最も効果的な薬はそもそもの原因を消し去るしかないと思うのです。それがうまくいかないから何かしてなきゃ病とか言い出してるんですよ。

 

なので、淡々とやりましょう。焦らず急いで淡々と。

これしかないっすね。というか数字で答えが出ないことに対してそれ以上考えるのはとっても面倒臭いので、淡々と。

淡々とblogを書き、淡々とジムを運営し、淡々と物件を探す。焦ってもやることなんて大して変わらない...どころか実際今ペース落ちてるので。

 

協力隊3年目のテーマは

淡々と

に決定しましょう。

 

敢えて何もしない時間を作る

ここ数か月かもしかしたらそれ以上、何かしてなきゃ病にかかって映画も読書も減ったままでした。

最近はAmazonプライム特典をフル活用してダラダラ過ごす時間を取るようにしてます。

何も考えずお笑いでも観てるのも悪くないですね。

夜に予定が無い日には、昔よく観てた内村さまぁ~ずを酒飲みながら観てます。ゆるさが良い。

ついでにkindle unlimitedまで無料会員登録しちゃう。

読む時間あるかなぁ...元取れない気がするなぁなんて野暮なことは考えない。考えだしたらそんなことよりアレやらなきゃコレやらなきゃが始まっちゃうからね!

オススメで表示されてたマンガを一気読みしたり、非生産的な時間を堪能しております。

 

敢えて何もしない時間っていいもんですね。

その前後で淡々と仕事すりゃいいんです。

以上!

最後に

ついに協力隊3年目です。

結局はなるようにしかならないので、特に思い詰めてなんかはいませんが、現在の正直な心境でした。

まとめると、

何かすべきなんだけど無益な時間サイコー

って感じですかねー。

 

ではまた(^_^)/~

 

ブログランキングに参加しています。

下らない記事に最後までお付き合いいただいたついでに、下記バナーのクリックをお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ