池田町地域おこし協力隊~kuro隊員の活動日誌~

平成28年4月。30才目前にして、北海道池田町地域おこし協力隊として移住したkuro隊員の活動をダラダラ綴ります。

格安スマホに乗り換えて1か月ちょっと使用してみた感想~楽天モバイル~

こんにちは。

北海道十勝地方池田町地域おこし協力隊、任期の半分を終えたkuro隊員です。

f:id:kuroroman:20170719130842p:plain

節約のために格安スマホに乗り換え

8月末、10年以上に渡って契約し続けていたdocomoを捨て、ついに格安スマホキャリアの楽天モバイルに乗り換えました。

大手キャリアという安定したレールから降りる事にほんのちょっとだけ不安はありましたが、どうせ人生そのものがレールから外れ気味と言う事実を思い出せば何も怖い物などないのです。

まだ1か月少々ですが、レポートをどうぞ。

乗り換えを検討していた時期の記事はコチラ↓

www.kuroroman.com

機種:HUAWEI Mate9

f:id:kuroroman:20171009170650j:plain

honor8とP10とMate9の3種で迷った結果、価格もスペックもその中間であったMate9に決定。早速ロゼロックとブラボールのステッカーを裏面に貼り付け。

 

動作

超サクサク!!動作に全く問題無し。

内部データの容量にもよるんでしょうが、とにかく快適です。レスポンスの速いスマホってこんなに気持ち良いものだっけ。

前機種は画像を削除しまくって容量軽くしてもすぐフリーズしたりアプリが強制終了したりと散々だったので、調べもの一つするのも面倒でした。2年も使ってなかったのになぁ。

欠点では無いですが唯一の違和感としては、タッチの感度がちょっと鈍い点でしょうか。体感レベルかも知れませんが、文字入力の際に特にそう感じます。誤字連発。

ディスプレイも大きい(5.9型)ので慣れるまでもう少し時間がかかりそう。

電波

楽天モバイルはdocomoの通信回線を使用するため、日常での使用には全く問題無し。

都会ではなく池田町でも電波に困らないので、人里離れた山奥にでも行かない限りは快適に使用できるでしょう。

むしろ電波の拾いが良いのか端末のリアクションが良いのか、通信速度が前機種より遥かに速く感じる。素晴らしい。

カメラ

機種変更に際して、価格以外にもいくつかの譲れない条件がありましたが、その一つがカメラの性能。

Leicaと共同開発したダブルレンズ搭載(カラー1200万画素、モノクロ2000万画素)と謳ってますが、果たしてどんな写真が撮れるのかは未知数でした。

別に多少写真が荒くてもいいんですけどね。そもそもkuro隊員に撮る技術なんてないのでね。

色々と写真を撮ってみた結果、カメラも全く問題無しでした。

f:id:kuroroman:20171009171805j:plain

ワインまつり会場の様子
機種についての感想まとめ

全く文句無し。

1年2年と経年劣化はあるでしょうが、動作がおかしくなってきたら機種を変えてしまえばいいので。機種自体がスペックの割に安いですから。

価格に触れた所で、気になる料金の話へ↓

料金

スペックも操作性も問題無し。むしろ合格点を余裕でクリア。

次は気になる料金ですが、これもさすがは「格安」を名乗るだけあって...。

f:id:kuroroman:20171009172002p:plain

激安。

なぜか明細にセキュリティ(500円)とwi-fi(362円)のオプションが表示されていませんが、それを含めても4,300円程度

むしろ機種変更の直後に「楽天でんわ」を使わずに無駄な通話料を発生させてしまったので、上記の通話料280円は本来かかりません。

差し引きすると4,000円ちょっと。端末代金54,000円(通常価格60,800円(税別))は一括で支払ったので、月々の請求額はこれだけ。仮に端末代金を分割(24回払い)にしても6,300円程度

前機種では機種代金含めると10,000円前後の月額だったため、単純に通信費4割減ですよ4割減。なんて家計に優しい料金システムですこと。

なおMate9はHUAWEIスマホの中でも高い方です。

kuro隊員も最終候補として迷ったhonor8なら機種代金42,800円(税別)アホみたいに安いです。その分スペックは落ちますが。

 

逆に高スペックのP10なら機種代金65,800円(税別)。大手キャリア端末とさほど変わりませんが、それでもまだ安いですね。
 
価格は全て2017年10月時点のものです。なお契約プランやキャンペーンによってはガッツリ安くなってたりします。
現在の契約状況により、乗り換えのタイミング次第で解約金が発生する場合もあるかと思いますが、長期的に考えれば例え解約金が発生してもすぐに元が取れるのでは、と思います。kuro隊員は解約金無く乗り換えたのでその辺のシミュレーションはしていませんが、乗り換えを検討している方はぜひ計算してみて下さいな。
とは言えやはりメーカーのポテンシャルが未知数(中〇製)なので、「いつまで問題無く動いてくれるのか?」と言う心配はちょっとあります。
単純計算すれば間違い無く通信費削減できますが、前提条件として端末に欠陥が無く、長期使用(1~2年)に耐え得るものであればの話です...。
とりあえずkuro隊員は1年半くらい使用するつもりでいます。頼むぜ中〇製。

欠点

別に楽天モバイルの回し者ではないので、欠点もちゃんと挙げますよ。

アクセサリーが少ない

認知が拡がっている格安スマホとはいえまだまだマイナーな存在ので、当然ケースなどのアクセサリーの種類が少ないです。iphoneや国産メーカーのandroidなら家電量販店にズラッとケースが並んでいますが、HUAWEI純正・対応の文字を見つける事はできませんでした。

まぁネットで買えばいいだけですが、iphoneなどと比較すると選択肢は少ないです。

 

なお充電口はmicroUSBではなく「USB Type C」という規格のものです。

f:id:kuroroman:20171009182851j:plain

画像の上がmicroUSB、下がType C。

データ転送量に優れた規格らしく、今後標準化されていくのでは、と言われているそうです。kuro隊員は全く知りませんでしたが。

 

「楽天でんわ」アプリを使うのが面倒くさい

楽天モバイルにはいわゆる「かけ放題」「5分かけ放題」のプランがあります。どちらも割安です。

しかし電話発信時、楽天でんわアプリを起動して通話しないと無料になりません。それが面倒。電話帳なんかはアプリ内で検索できるのでそれほど使い勝手が悪い訳ではありません。

「ただアプリ開いて発信すればいいだけでしょ」と思っていましたが、ややこしいのが「普通の電話」アプリもインストールされている点。

他から着信が入ると「普通の電話」の方で受けるんです。不在着信の通知も「普通の電話」アプリから表示されます。

なのでいつもの感覚で不在着信通知をタップして折り返そうとすると、「楽天でんわ」ではなく無料通話が適用されない「普通の電話」として発信されてしまうのです。

慣れの問題でしょうがせっかく利用料金が安いのに勿体無いミスですね。

設定でどうにかできるのかも知れませんが、まだ調べていません。面倒くさがりな男、kuro隊員。

欠点まとめ

1か月使用してみて気付いた欠点は以上です。

楽天でんわアプリには慣れてきたので今は特別困ってはいませんが、アクセサリーが少ない事については、オシャレなケースが欲しい人にとっては欠点かも知れません。

kuro隊員はシンプルでさえあればケースなど何でもOKなので困りません。ただ一応「そんな事実があるよ」、と客観的にお伝えしたかっただけでございます。

最後に

格安スマホに乗り換えが完了し、通信費が削減できました。
冬が近づき冷え込む日が増えてきた池田町。浮いた通信費分は 灯油代に全て消えていきますが(部屋がめちゃくちゃ寒いので...)、とりあえず使用していて不満は無いです。
 
大手キャリアの安心感は無いですが、「スマホ代を安くしたい!」とお考えの方は検討してみる価値はあるかと思います。人によって不便を感じるポイントは違うので、強くおススメはしませんが。
 
ではまた(^^)/
 
ブログランキングに参加中です。
「一応参考になったわ」と思った方は下記バナーのクリックをお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ