池田町地域おこし協力隊~kuro隊員の活動日誌~

平成28年4月。30才目前にして、北海道池田町地域おこし協力隊として移住したkuro隊員の活動をダラダラ綴ります。

健康診断の結果が年々悪くなっている話~ストレスフリーな田舎暮らしと30代の健康~

こんにちは。

北海道十勝地方池田町地域おこし協力隊、かつボルダリングジジムRED POINT運営委員会会長kuro隊員です。

30代田舎暮らし独身男の健康状態

かつて札幌市や埼玉県で働いていた時から比べると、非常にストレスの少ない生活を送っていると感じています。仕事上だけではなくプライベートにおいても。

静か、人混みが無い、渋滞しない、空気が美味しい、景色がキレイ、仕事の自由度が高い等々、それだけで充分過ぎるほど協力隊として池田町に移住してよかったなぁと思います。が、万病の元と言われるストレスが軽減された事で、30歳を超えたkuro隊員の身体にはどんな影響があるのか?

マラソンとボルダリングで日常的に運動しているし、酒とタバコの量はほんの少し減っているし、結構いい結果出ちゃうんじゃないのかな、なんて思ったり。

今回の健康診断の結果とともに考えてみますよ。

元々の健康状態

そんなに悪い所はありません。超近眼、野球で痛めた右肩と右肘、やたら脆くなっている気がする肋骨くらいでしょうか。最近は腰痛も消えたし胃もたれや腹痛も減ったし、これはやはりストレス軽減によるものなのでは、と。

中学生くらいの頃に白血球が基準値以下、背骨が曲がっている事が判明しました。確かに風邪引きやすいけど、白血球が少ないからなのかと妙に納得したり。特に生活に支障は無いので、概ね健康体と言っていいと思います。

ちなみに些細な自慢ですが、虫歯がありません。乳歯の頃に歯医者を受診した事はあるようですが、永久歯に生え変わってからは一度も受診していません。20歳くらいまで、歯医者ってこどもと高齢者が通うものだと本気で思ってました。どアホ。

歯医者の件はともかくとして、健康です。いや、健康だと思っていました。健康診断の結果を目にするまでは。

要再検査という非情宣告

健康診断結果到着

職場に結果が届きましたよ。

健康診断を実施している「十勝いけだ地域医療センター」は東十勝で一番大きな医療施設です。眼科等、医師が常駐していない診療科目もありますが、定期的に当番医が来るので大丈夫。

移住希望者のみなさん、医療面の安心というのは大きな判断材料ですよ(アピール)。

アラサーの健康診断結果,池田町地域おこし協力隊blog

2016年の冬まではマラソン、2017年2月からはボルダリングで身体を動かし続けて来たkuro隊員に健康への不安などあるはずが無いでしょう。

(多分)筋肉で体重は3kg程増えてるけど不健康な増加じゃないし、タバコもほんの一時期止めていた気もする。酒の量も減った...というか二日酔いが嫌で減らした。

加えて冒頭でも述べたストレスの減少。これだけの好条件が揃っている今、恐れる事など何も無い。唯一心配なのは視力。blogとライティングを始めてからどんどん落ちている気がする。ブルーライトカットメガネが欲しいと最近思う。

まぁ多少悪い数値があっても許容範囲内だろうと思いながら、いざ結果を開封!

検査結果「G」=要再検査

さてどんな評価が並んでいるのか....?

アラサーの悲しい健康診断結果,池田町地域おこし協力隊blog

えっ...。

Gって何だよGって今まで見た事無いんだけど。

胸部X線検査結果がG。これヤバいのか?俺死ぬのか?

要再検査という現実,池田町地域おこし協力隊blog

「再検査受けろよ」との非常宣告。マジですか。動揺して震える手で写真撮ったらブレちゃったわ。小心者、kuro隊員。

結果表握りしめてもう一度レントゲン撮られに行く訳ですか。病院が苦手なkuro隊員にとっては死刑宣告に等しい。とりあえず何度目か忘れたけどタバコやめよう。

消えた不整脈と右肺の新規異常,池田町地域おこし協力隊blog

あれ、そういえば1年前は不整脈だったみたい。治ったということで都合よく解釈してもいいっすかね。いいよね。

脊柱側弯は想定内。ちなみに左曲がり。

余談になりますが脊柱側弯と野球部の風習に関連性があるような気がしてならないのです。野球部員は自分の利き腕(肩・肘)を保護するため、ショルダーバッグは利き腕の反対側で背負い、片手で重い物を運ぶ時も反対の腕で持つ。

野球部のカバンにはユニフォームやら弁当やらプロテインやら極稀に教科書やら、色々な物が詰まっています。野球を始めて約10年、重たいカバンを左肩で背負う習慣があったもんだから、その重みで身体が左側に傾いてしまったのかなぁ、と。

あくまで想像ですけどね。

自覚だけではわからないアラサーの体内

胸部X線検査結果に目を奪われましたが、よく見たらその他の項目も自覚とはかけ離れていたという事実。

自覚とかけ離れた検査結果,池田町地域おこし協力隊blog

心配だった視力はUPしてるし増えていると思った体重は減ってるし身長伸びてるし、もう自分の感覚がいかにポンコツであてにならないかよくわかりますね。

筋肉で体重が増加したのは間違い無いと思います。マラソンを終えた11月時点が一番軽く60kgジャストだったのが、4月に同じ体重計で計ったら63kg。しかし今回の測定結果では体脂肪率が僅かに減っているから、ボルダリングにより筋肉量がUPしたと結論します。と言うか1年前体重65kgもあったっけ。

引っ掛かるであろうと思っていた白血球は増加して、危なげない数値を記録。めでたい。実際どうでもいいんだけど。

善玉コレステロールが下限ギリギリ、悪玉コレステロールが上限ギリギリ、血圧と中性脂肪がやたら増加。でも基準値内だから見て見ぬフリを決め込む。

無視できないのが「総ビルリビン」なる数値が基準値オーバー。ビルリビンってなんぞやと思い調べてみたら、「肝機能に異常がある可能性」との事。どうも年齢を重ねる毎に酒に弱くなる訳だ...と勝手に自己解釈。

池田町に来てから相当量のワインを飲んでいるので、納得。タバコに続き酒の量も減らそうと決意。もう記憶を失うまで飲んだりしないよ。と言うか記憶を失くしたくないよ。

翌日の二日酔いも年々重度化しているし、付き合いの飲み会は極力お断りしたい。いやお断りする。自宅で映画観ながらの晩酌は止められないけど。

最後に

20代なら多少悪い結果だったとしも「関係ないよねー」と意にも介さなかったように思いますが、自然と数値の改善に考えを巡らせます。

これが歳を取るって事なんでしょうかね。

公務員&サラリーマン時代に介護関連の仕事に就いていた経験から、病気を患った高齢者と何百人と接しています。どんなに健康的な生活を送っていても全ての病気を防ぐ事は不可能でしょうが、長い悪習慣から発生する病気は早いうちにケアしなければならない、と理解はしています。

とりあえず内臓たちの数値はなんとなくケアしつつ、スタイルは崩さずに歳を重ねたいという小さな夢があるので、運動は続けて酒タバコを断ち...もとい減らしましょうかね。

 

健康第一。

ではまた(^O^)/

 

最近すっかり忘れていましたが、ブログランキングに参加しています。

下記バナーをクリックすると当blogの順位がUPします。

しょぼい健康診断結果に同情した方は、ぜひクリックで慰めて下さいませm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ