池田町地域おこし協力隊~kuro隊員の活動日誌~

平成28年4月。30才目前にして、北海道池田町地域おこし協力隊として移住したkuro隊員の活動をダラダラ綴ります。

最近の出来事~雑にまとめる記事~

こんにちは。

十勝ワインの生産地、北海道池田町地域おこし協力隊のkuro隊員です。

 

なかなかゆっくり過ごす時間がとれずに突っ走ってきた2月でしたが、本日午後で一段落。久しぶりにギターを弾いてみたりして、平和な日曜の午後を満喫できました。

でも忙しいってのはいいもんだなぁと思います。余計な事を考えずに目の前とその先の解決策だけを考えていればいいので、退屈なんかよりよっぽどいいと思います。

 

本題へ。と言っても雑記ですが。

最近の出来事

最近観た映画~エヴェレスト 神々の山領~

普段ならあまり手にしない作品だと思いますが、「64」という映画のDVDに入っていた予告編がよかったので。

そしてここ数年の田舎暮らしをしてみて、登山にも挑戦してみたいって気持ちがあったので期待して観ました。挑戦って、過酷な冬山登山とかじゃなくて普通に趣味の登山ですからね。

 

...が、いざ鑑賞してみたら期待外れに終わりました。

途中までは「ここから面白くなるだろう」と得意のポジティブ思考で観続けていましたが、そんな展開も無く終了。

マジかよ。

 

キャストは良かった。ストーリーも原作では非常に面白いのではないかと思えた。

映像にも迫力があり雪山の過酷さは伝わってきた。

しかし展開があまりにも唐突。登場人物の心情が全然伝わらずに終わる。

セリフもやけに芝居がかった言い回し&説明口調。

原作は良かったけど映像化して「あちゃー...」と思われる代表例のように感じた。

原作の要素を取り入れようとし過ぎたり、逆に新たな要素を含ませてみたり。

 

しかし阿部寛と岡田准一はいい男でした。

最終的な評価は原作を読んでからにしようと思う。

 

最近行った蕎麦屋~ごん(札幌)~

20数年を札幌で過ごし、そのうち4年は大通りやすすきの徒歩圏内で過ごしたkuro隊員ですが、未開拓のエリアがありました。

それは「狸小路の奥の方」。

札幌市民なら伝わると思いますが、狸小路の奥とは6丁目より西あたり。

若者や新顔を受け入れないかのような玄人感ある小さな店が多く並んでいます。

※実際にはそんな事ないと思います。念のため。

数年飲み歩いていたkuro隊員でも1~2回どこかの店に入った覚えはありますが、語れる程に通い詰めた訳ではなく、いざ行くと決まった時にはワクワクしました。

で、実際行ったのがコチラ↓

札幌狸小路ごん,池田町地域おこし協力隊blog

一見さんお断り感すげぇ。

でも良さげなので突入。

店内の写真は撮り忘れましたが、そばとてんぷらと日本酒の美味いこと。

f:id:kuroroman:20170219214415j:plain

飲んだ日本酒は「紀土(きっど)」「ロ万(ろまん)」「陸奥男山」。

どれも普段はあまり耳にも口にもしない日本酒。辛口スッキリでどれも美味い。

人気店のようで、平日にも関わらず「お席の時間が...」という事で退散。

でもまた行きたいと思える店でした。

 

もう住もうとは思ってないけど、こうやってたまに札幌に帰ると面白いんだよなぁ。

 

最近聴いた音楽~Yellow Studs~

TSUTAYAのポップを読んで何となく借りたCD。その衝撃はとてつもなかった。

完全無所属バンドとして己の道を歩み続ける硬派。と思いきや、広報宣伝ももちろん完全無所属が故にSNSも駆使する技巧派。そのギャップが新鮮。なんなら「SNS」って曲もあったりする。

Thee Michele Gun Elephantを彷彿とさせるしゃがれボーカル。ロックンロールやジャズをバックボーンに持つ演奏。

久々の個人的大ヒットでした。

 


 

最後に

blog更新できない日が続いたので、単独では記事にできないような小さなネタが溜まりました。今回はその小さなネタたちをまとめて一記事にしちゃったヤツです。

 

ではまた(^O^)/