池田町地域おこし協力隊~kuro隊員の活動日誌~

平成28年4月。30才目前にして、北海道池田町地域おこし協力隊として移住したkuro隊員の活動をダラダラ綴ります。

今年もあとわずかなので池田町kuro隊員の経歴について語る~第1部・学生編~

こんにちは。

北海道池田町の地域おこし協力隊、kuro隊員です。

 

雪、雨、あられと、様々な天気を見せる池田町ですが、辛うじて風邪を引かずに過ごしています。

部屋の隙間もアホみたいに目張りしまくったし、もう冬を乗り越えた気でいます。

年末なので振り返る

1年の振り返りは上半期の反省記事で投稿済ということにして、kuro隊員が地域おこし協力隊になるまでの人生について書こうかと思います。

誕生~幼少期

1986年7月27日、札幌市東区にて誕生。両親、姉の4人家族。

幼稚園では友達とケンカばかりしていたようで、先生から母へ報告の電話が頻繁に来ては怒られていました。

色が白くて痩せ細っていたので、よく女の子に間違えられたそうです。今じゃその欠片もないけど。

とにかく動き回る活発な少年だったと聞きます。

小学生

どこにでもいる元気な少年

ケンカっ早い癖は低学年で消えました。

当時はサッカーJリーグができた時代で三浦和良が少年たちの憧れでした。

kuro隊員もJリーグチームのキャップを被って、毎日路上や公園でサッカーしていた気がします。

足が速くスポーツ全般が好きで、昼休みのドッジボールと体育の時間が楽しみでしょうがなかった。跳び箱、縄跳び、器械体操なんかは超得意。今現在は息が上がったり足がつったりして無理でしょうが。

人生で唯一の習い事である水泳は、バタフライまでどうにか到達。

野球との出会い

多くのスポーツの中でも野球にハマります。サッカーブームの中、たまたま仲良しの友達が野球好きばかりだったので自然と始めました。今思えば球技系スポーツのセンス無いから止めときなよと言いたい。陸上かボードかボルダリングにしとけ、と。

当時のスター選手はイチロー、野茂、松井あたりで、3選手ともに特徴のあるフォームなので、よく物真似の対象になっていました。

小学4年生頃から少年野球チームに入り、朝練のため眠気と闘いながら5時過ぎに家を出て、夜の間点いていた街灯が消える瞬間を見たことが何故か印象に残ってます。

セカンド、ショート、外野と目まぐるしくポジションを移り、最終的にはサードに落ち着きました。

打順は大体7番、良くて2番か6番。

足と肩だけが取り柄で技術もパワーも皆無。ひ弱な選手でした。

なお、チームは地区最弱。

f:id:kuroroman:20161220110824j:plain

なんと小学校卒業式の写真だけ手元にありました。色白。

中学生

引き続き野球にハマる

迷わず野球部に入部。相変わらずパワー不足のヒョロい少年でした。

身長だけは3年間で良く伸び、中学3年生時点で現在とほぼ変わりません。

つまり伸び悩んだって事です。背が高いという優越感は1年間だけで終了。

 

色んな経緯があり2年生の冬からキャプテンとなりました。

ポジションはサード、ピッチャー、キャッチャーとコロコロ変わり、センターに落ち着きます。

身長が伸びたせいかバッティングも少しだけ向上し、打順は3番、4番を経て1番に定着。ヒットの半分は内野安打という、イチロー顔負け(?)なスタイルでした。

クリーンヒットよりも内野ゴロを打った時の方がベンチが沸くという。

なお、小学生時代に引き続きチームは地区最弱。最弱請負人、kuro隊員。

 

ちなみにまだこの頃は勉強も頑張っていたので、トップクラスではないですがそこそこの成績でした。しかし美術と音楽は思春期なりの恥ずかしさなのか、完全に休憩時間と化していました。だから今でもセンスに乏しいのかも知れません。

f:id:kuroroman:20161220110946j:plain

集合写真しかなかったのでトリミングしたら、昭和の写真のような画質に...。

何となく抱き始めた違和感

いわゆる中二病と言われてしまうかも知れませんが、中学3年生頃から周囲とのズレを感じます。今まで遊んでばっかりだった友人が急に受験受験言い出したり、逆に勉強に嫌気が指したのかヤサぐれてみるヤツがいたり。

先生たちも受験や将来について熱く語ります。もちろん大事なのはわかるんだけど、何となくシラケた感じで聞いていたように思います。「そんな事みんな頭ではわかってるんだから、無理やり動かそうとしてもムダなんじゃないの」みたいな感じで。

当時は家でも学校でもそこそこマジメぶっていたので、口にはしませんでしたが。

kuro隊員は普通に進学して普通に就職して...という人生なんだろうなぁと思っていました。勉強を死ぬほど頑張ってトップクラスを目指す気も無いし、特に夢も目標も無く「それなり」に生きていくような気がしていました。

ただしできるだけ色んな場所に行けるような仕事だったらいいなぁとボンヤリ描いていたような。

 

まさかその10数年後に住所不定でフラフラしてるとは思いもしなかったでしょうね。ある意味色んな場所に行ける仕事には就けました笑

kuro青年よ、夢は一つ叶ったぞ。

高校生

青春

公立高校の情報技術科へ入学。

「私立校で野球やらせる程、我が家に余裕はないよ」と両親に言われたため、公立校であり野球も地区最強に近い高校を選びました。公立校&野球強豪校&ランク的にも手が届く、という条件を唯一クリアした高校。ここに落ちたら野球とはサヨナラだったため、必死こいて勉強しましたよ。

まぁ勉強も野球もレベル高いこと。入学早々のクラス分けで数学は最低クラスに振り分けられました。「入学してしまえばこっちのもの。勉強は適当でいいから野球だけできればいいや」と甘く考えていましたが、そこはさすがに公立校。文武両道を求められ、興味の無い技術科目に四苦八苦。

野球部の方はと言うと、私が1年生の頃に後にプロ入りする3年生の先輩がいましたがレベルの違いに驚きました。同年代も自分より遥かにレベルが高く「レギュラーになれるんだろか?」という不安と「このメンバーなら甲子園に行ける!」という期待を抱いたことを鮮明に覚えています。

f:id:kuroroman:20161220111041j:plain

17歳。見事にボーズ頭ですね。

 

サラバ青春

波瀾万丈な野球部での青春、話せば長くなるので結果だけ。

私はレギュラーどころかベンチ入りすら叶いませんでした。小・中と弱小チームながらレギュラーとして試合に出場していたkuro隊員にとってはまぁ悔しかったです。

しかし猛練習の成果でヒョロい身体がバッキバキの逆三角形になったり、足を活かすために左打ちに挑戦したり、自分は試合には出られないけど本気で応援したいと思える仲間たちに出会えたりと、得た物は多いです。

チームとしては春季大会北海道ベスト4が最高成績。最後の夏は地区予選決勝で敗退。

北海道勢が初めて甲子園で優勝した世代なんですよ。圧倒的なスピードと打撃で勝ち続けた駒大苫小牧高校、覚えている方も多いんじゃないでしょうか?

その駒大苫小牧高校に4-3で敗れてのベスト4でした。

また数年前に日ハムに入団した瀬川投手も同じ札幌地区の高校。すごくキレイな球筋のボールを投げるなぁと思っていましたが、まさかプロに行くとは。

 

こうして汗と涙の青春に幕を降ろしました。最後の試合に敗れた直後、チームメイトと抱き合って号泣する姿がTVに写ったりしました。こんな形でTVデビューを果たすなんて。

 

この頃には進学する気ゼロだったので勉強は放り投げてました。

得意科目の社会科系だけはクラス1位を取ったりする半面、数学はリアル0点を取って相当凹みました。

失った目標、その次は?

さて、結構な文字数となったのでここで区切ります。

ここからkuro隊員の人生が目まぐるしく動き始めます。

よって2部編成に変更。※無計画さが良くでています。

これにて前編終了。

 

続きはコチラ↓

www.kuroroman.com

 

ではまた(^_^)/~

※平成29年3月7日、全面的にリライト。